[E-1選手権 女子第3戦]日本女子代表 0−0 中国女子代表/7月26日/茨城県立カシマサッカースタジアム

【日本女子代表・総評】
前半から選手同士の距離感や、オフ・ザ・ボールでの運動量もあり、セカンドボールを次々と回収し、相手を押し込む時間が長かった。後半も多くのチャンスを創出するが、クロスボールは“手前の壁”を越せず、地上戦で揺さぶりをかけるも、フィニッシュの精度を欠いた。それでも相手に多くのチャンスを与えず、引き分けたことで、大会連覇を達成した。

【個人採点・寸評】
GK
1 山下杏也加 6
43分のピンチの場面では右腕を伸ばしてファインセーブ。最後尾からのコーチングでチームを鼓舞した。広い守備範囲で高い最終ライン維持にも貢献した。
 
DF
2 清水梨紗 6.5
25分にカウンターを受けた場面では長距離を走り、逆サイドまでカバー。攻撃時も効果的な攻め上がりと、ワンタッチのパスや、クロスでチャンスを広げた。

6 宮川麻都 6
相手との体格差に苦しんだ印象。38分のクロスやその後のシュートなど、攻め上がった際には“らしさ”を発揮した。73分のカウンターを受けた際に懸命に戻って身体を張った守備も光った。

3 宝田沙織 5.5
攻め上がった31分のヘディングは枠を捉えられず。気持ちの入ったプレーを見せたが、やや空回りする場面も。

4 高橋はな 6
最終ラインでリーダーシップを発揮し、ピンチの芽を摘んだ。ロングキックで起点にもなる。フィジカルの強い相手をしっかりとケアした。
 
MF
16 林穂之香 6.5
適切な配球で日本ペースを維持することに貢献。相手を背負いながらの粘り強いパスも魅力。

10 長野風花 6.5
20分のシーンではミスもあったが、ボールを自ら拾い直してミドルシュート。高い位置でボール奪取するなど、存在感を発揮した。

7 宮澤ひなた 6
12分に強烈なミドルシュートを放つなど、攻守の切り替えの良さを披露。しかし、ファイナルサードで違いを見せる回数は限られた。
 
MAN OF THE MATCH
15 千葉玲海菜 6.5(80分OUT)
攻守に1対1の局面で強さを発揮。59分にはペナルティエリア内でフリーのところにボールが来るが、シュートはゴール外へ。運動量と当たりの強さでこの試合一番のアピールに成功した。スタートは中盤右サイド、途中から2トップの一角に入り、両ポジションで頼りになるパフォーマンスだった。

FW
13 井上綾香 6(65分OUT)
19分の持ち上がりからの展開は視野の広さを披露。プレスバックでも存在感を発揮した。

19 植木理子 5.5(90+2分OUT)
周囲との連動した動きは良く、プレスバックにも奮闘。しかし、良い形でボールを受けられず。50分には一瞬の隙をついてクロスバー直撃の惜しいシュートも。ただフィニッシャーとしての役割は全うできなかった。
 
途中出場
MF
17 成宮 唯 6(65分IN)
トップに入っていた井上に代わってピッチへ。右サイドの千葉が中央に移動し、自身は右サイドを務める。76分に狙い通りのシュートチャンスもボールはゴール左へ外れる。

DF
25 清家貴子 ―(80分IN)
千葉と交代し2トップの一角へ。終盤に右サイドの角度のない位置から直接狙うなど、アグレッシブな姿勢を示した。

FW
9 菅澤優衣香 ―(90+2分)
アディショナルタイムに投入される。わずかな時間だったが、ロングボールに抜け出し見せ場を作る。
 
監督
池田 太 6
現体制で初タイトルを獲得。テーマとする「奪う」をピッチ上で体現。セカンドボールや、高い位置のプレスは目ざす戦いができていた一方で、ゴールを「奪う」ことはできなかった。それでも、3試合の大会期間中で、選手の組み合わせや戦い方をブラッシュアップしてきた点は高評価。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)