現地時間7月27日、久保建英が加入したレアル・ソシエダが、スビエタ(ソシエダの練習場)にオサスナを迎えてプレシーズンマッチを開催。23日のボルシアMG戦で後半の45分間出場し、新天地デビューを飾った久保が、先発に名を連ねた。

 このバスク・ダービーで久保は右サイドハーフに入り、前半途中からトップ下にポジションを移してプレー。ボールを受けると、何度もスピーディーなドリブルを披露して攻撃を活性化し、前半だけで3度もファウルを受けてオサスナの“標的”となった。

【動画】久保建英がスタメン出場!ソシエダ対オサスナのハイライト

 60分に選手を一斉に入れ替えため、久保もここで交代。シュートで相手を脅かすシーンはなかったものの、持ち味は発揮したと言えるだろう。

 試合は、88分にホルヘ・アギーレのゴールで均衡を破ったソシエダが1-0で勝利。ラ・レアルは7月30日に、開幕前最後のプレシーズンマッチで、プレミアリーグに昇格したボーンマスと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保建英の2連発!GKの足下を抜く左足強烈弾&ジャンピングボレー

【動画&画像】「似合ってる!」ソシエダのホームユニホームを着て海をバックにポージングする久保建英