Jリーグは7月30日、J2第29節の10試合を各地で開催した。

 岩手は首位・横浜FCの本拠地に乗り込み、3−0で勝利。9分、モレラトの美しいシュートが決まって先手を取る。48分、敵陣でのプレスから弓削翼がネットを揺らして相手を突き放す。さらに65分には途中出場のブレンネルにも得点が生まれスコアを3点差とする。その後も横浜FCの攻撃をしのぎ切り、首位チーム相手に大金星を挙げた。

 4位・長崎と2位・新潟の上位対決は2−2のドロー。14分、エジガル・ジュニオの得点で長崎が先制するが、45+2分に細かいパスワークから藤原奏哉が決めて新潟が同点へ。51分には鈴木孝司のゴールで逆転に成功した一方、59分にE・ジュニオのPKで長崎が追いつく。その後、両チームとも激しい攻防を見せたが、スコアは動かず引き分けに終わっている。
 
 3位の仙台は、17位の山口に2−2の引き分け。22分、沼田駿也の得点で山口が先手を取ったが、34分に中山仁斗、38分に富樫敬真がゴールを決めて仙台が逆転に成功する。そのまま仙台の勝利かと思われたが90分に、CKの流れから渡部博文が同点弾を押し込んで山口が土壇場でタイスコアに。そのまま試合は終了し勝点1を分け合う形となった。

 水戸と大宮の対戦は曽根田穣のゴールで水戸が1−0勝利、琉球と熊本のゲームは阿部拓馬とサダム・スレイの得点で前者が2−0で4試合ぶり白星、山形はディサロ燦シルヴァーノの移籍後初ゴールで町田に1−0で勝利した。

 J2リーグ第29節の結果と予定は以下のとおり。

▼7月30日開催分
水戸 1−0 大宮
栃木 1−1 徳島
横浜FC 0−3 岩手
琉球 2−0 熊本
山形 1−0 町田
群馬 1−1 甲府
岡山 1−1 千葉
山口 2−2 仙台
長崎 2−2 新潟
大分 2−2 東京V

▼7月31日開催分
大宮 19:00 秋田

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!