古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介の日本人カルテットが所属するセルティックが8月1日、今シーズンのサードユニホームを発表した。

 昨シーズンは白を基調としていたが、今季は全身グレーのシンプルなデザインで、首元と袖口の黒いラインがアクセントに。後者には幾何学模様が施されている。

【動画&画像】反響を呼んでいるセルティックのサードユニ。旗手と井手口をモデルに起用!
 旗手怜央と井手口陽介がこのシャツを着用してモデルとなった動画がクラブの公式SNSで公開されると、ファンからは次のような声が上った。

「以前とは全く違うが、とても好きだよ」
「GKユニみたい」
「俺はいいと思う」
「オシャレじゃないか!」
「サードは期待してなかったけど気に入った」
「ワォ、セクシーだ」
「アディダスになってから最高じゃない?」
「センセーショナルだ」
「エンブレムが見えないよ」
「買わない…かな」

 今シーズンはチャンピオンズ・リーグに出場するセルティック。このサードユニのお披露目は、その大舞台となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち