現地時間8月1日、DFBポカール1回戦が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、伊藤達哉がレンタルで加入している2部マクデブルクと敵地で対戦した。 

 試合は鎌田が今季公式戦初ゴールを含む2ゴールをマークし、4−0の勝利に貢献。ジブリル・ソウとコンビを組んでボランチで先発した日本人MFのパフォーマンスを現地メディアも称賛している。

 現地メディア『Bulinews』は「鎌田が率いたフランクフルトが見事な勝利」と称え、『Hessenschau』は「攻撃的なMFにいることが多かった鎌田が守備的なポジションに回り、その才能が開花。2ゴールを奪い、勝利の立役者となった」と絶賛している。

 また、『SPORTBUZZER』は「昨シーズンのヨーロッパリーグ王者、フランクフルトは自信を持って新シーズンに踏み出した」と綴っている。
【動画】鎌田大地が2発! フランクフルトが今季初公式戦で4−0完勝!
「新戦力のマリオ・ゲッツェが注目を浴びたアイントラハトは、マクデブルクを下した。主に鎌田大地という存在によってだ。ゲッツェはもちろん、鎌田は試合開始直後から攻撃の起点となるようなアクセントになっていた。素早いコンビネーションから生み出される波状攻撃は目もくらむようだった。流れは終盤までアイントラハトのものであり、彼らは堂々と2回戦に駒を進めてみせたのだ」

 昨シーズンは序盤こそ低調で状態が心配された鎌田だが、今シーズンは仕上がりも良さそうだ。今夏にはプレミアクラブからの関心なども報じられたが、少なくとも現時点ではフランクフルトで新たなポジションにフィットするなど、動きはないと見ていいか。フランクフルトは5日のブンデスリーガ開幕戦では、ホームで王者バイエルンと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち