横浜の快足アタッカーが、魅せた。

 首位に立つ横浜は7月30日、J1第23節で2位・鹿島と対戦し2−0で勝利。勝点差を「8」に広げた。この試合でFW仲川輝人が見せたドリブルに注目が集まっている。

 65分、相手のCKのこぼれ球にいち早く反応した仲川は、ペナルティエリア内でボールを拾う。一気に加速し中央突破を図ると、後方から来た相手DF三竿健斗のチェックをものともせず前進。左サイドから駆け上がっていたエウベルにスルーパスを供給した。惜しくもオフサイドの判定を受けたが、仲川の50メートル以上の“ロングドリブル”は強烈なインパクトを放った。
 
 Jリーグの公式Youtubeチャンネルがこのシーンを「【グラウンド中央を独走】仲川輝人 自陣から鬼ロングドリブルから極上スルーパス」と題してアップロード。「相手の前に入るのうま」「スピードに乗ったテルは誰にも止められんよ」「ハマのGT-R」「マジで速い」といった声が上がった。

 2019年に得点王とMVPを獲得して以降、2年連続で2得点にとどまっている仲川。今季はここまで20試合に出場し4ゴール・3アシストをマークしている。30歳を迎えた快足FWのさらなる活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】マリノス仲川が首位攻防の鹿島戦で見せた50m超ロングドリブル!ファンは「マジで速い」「相手の前に入るのうま」など反響

【J1第23節PHOTO】横浜2−0鹿島|宮市のために!“マリノスファミリー”が一体となり天王山完勝!

【PHOTO】豪華なメンバーが一堂に集結!横浜F・マリノスが30周年記念OBマッチ開催!