現地8月1日に行なわれたDFBポカールの1回戦で、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトは2部のマクデブルクと対戦。4―0の大勝を飾った。

 この試合で本職の2列目ではなくボランチで起用され、圧巻の2ゴールを挙げた鎌田に、レアル・マドリー寄りで知られるスペイン紙『AS』が注目している。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)の覇者であるマドリーと、ヨーロッパリーグ王者のフランクフルトが現地10日に欧州スーパーカップで対戦するからだ。

「カマダがマドリーに警告」と題した記事で、同紙はこう綴っている。

【動画】後方から走り込んで右足一閃!ボランチ鎌田大地が決めた鋭いミドル弾
「フランクフルトは、ポカールの初戦でマクデブルクを相手にせず、圧勝した。ヘルシンキで開催される欧州スーパーカップの9日前に、ドイツのチームから重大な警告が発せられた」

 さらに、日本代表MFについては、「決定的な仕事をして最も印象に残った。ヘルシンキでの試合に先立ち、レアル・マドリーに警告する2ゴールを決めた」と伝えている。

 敵国メディアも警戒する鎌田が欧州王者を相手にどんなプレーを見せるのか。長谷部の出番とともに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


【動画】GKのニアをぶち抜く!鎌田の2点目をチェック!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!