TBSは8月4日、7日に放送される連続ドラマの日曜劇場『オールドルーキー』第6話に鹿島アントラーズなどで活躍した元日本代表の中田浩二氏が出演することを発表した。

『オールドルーキー』はサッカー一筋だった元日本代表&元Jリーガーの主人公・新町亮太郎が引退後にスポーツマネジメント会社の社員として奮闘するドラマ。これまで、大久保嘉人氏や加地亮氏、那須大亮氏、秋元陽太氏、松木安太郎氏、WEリーグ大宮アルディージャVENTUSのMF仲田歩夢らサッカー関係者が数多く出演している。

 TBSは中田氏を“日本サッカー界のレジェンド”と紹介。「鹿島アントラーズを語るには欠かせない存在である中田は、第6話で“中田ならでは”の役で出演する。どのような登場をするのか、放送を見てのお楽しみだ」と告知している。
 
 中田氏は「ドラマの主人公と少し道は違いますが、自分も現役引退後に鹿島アントラーズでセカンドキャリアを歩み、現役選手にとっても“セカンドキャリアはそんなに簡単じゃない”という目線で見られますし、色々な意味で良かったです。

 実際にお芝居をしてみて、もうちょっと上手くできると思いましたが、意外と難しかったです、正直、もっと自然にできると考えていましたが、妻(長澤奈央)にちゃんと指導してもらえばよかったと思いました(笑)」とコメントしている。

 元日本代表の演技に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【PHOTO】雨中戦をスタンドから後押しした鹿島、G大阪サポーター