リバプールでは一定の評価を得たものの、思うように出場機会を得られなかったのは周知のとおりだ。この夏モナコに移籍した南野拓実は、新天地で自身の力を証明しようと意気込んでいる。

 今週末のリーグ・アン開幕を前に、『AFP』が今季注目のニューフェイスたちを紹介。日本代表アタッカーをリストアップした。

 2019-20シーズンのチャンピオンズ・リーグでリバプールを相手に活躍し、シーズン途中に移籍を果たした南野は、2020-21シーズン後半戦にサウサンプトンにレンタル移籍。武者修行を経て復帰した2021-22シーズンは、2つの国内カップ戦でチーム得点王となり、優勝に貢献した。

 だが、どちらの大会でも決勝戦では出場機会を得られず。プレミアリーグでは先発出場1試合にとどまるなど、前線にワールドクラスのスターがひしめくリバプール攻撃陣に割って入っていくことができなかった。

【動画】最終ラインの裏に抜け出るも決められず!南野の決定機逸シーン
 心機一転、モナコで新たな挑戦に臨む南野について、AFPは「27歳の日本代表ウィンガーはモナコに加入し、すでに強力なモナコの攻撃のオプションをさらに後押しした。モナコは1500万ユーロ(約21億円)の移籍金をリバプールに支払ったと報じられている」と伝えた。

「2020年1月にレッドブル・ザルツブルクから移籍して以降、アンフィールドでインパクトを残せなかった元セレッソ大阪の選手は、その力を証明しようとしている。ミナミノはユルゲン・クロップ監督の下で先発出場わずか21試合だった。昨季はプレミアリーグで先発1試合のみ。サムライブルーでワールドカップに臨む前に、モナコ移籍がキャリアの再スタートに役立つことを願っているだろう」

 なお、南野のほかに取り上げられたのは、ユーゴ・エキティケ(パリ・サンジェルマン)、アーロン・ラムジー(ニース)、アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)、そして1部復帰を果たしたトゥールーズだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】クラブ公式も「惜しい!」。南野が目いっぱい足を伸ばしてクロスに合わせるも…

 【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!