アーセナルのミケル・アルテタ監督は、今夏にマンチェスター・シティから加入したガブリエウ・ジェズスが早くもチームに適応していることに驚いているようだ。8月4日、英『talk SPORT』が伝えている。

 G・ジェズスは、アーセナルでのデビュー戦となったドイツ2部ニュルンベルク戦で2ゴール、スペインのセビージャ戦ではハットトリックの活躍をみせるなどプレシーズンマッチの5試合で7ゴールを記録。すでにチームにフィットしており、リーグ戦での活躍が期待されている。

 シティでアシスタントコーチを務めていた時にG・ジェズスと共闘したアルテタは、その適応の早さについて以下のように語った。

【動画】2点目のダイレクトシュートは圧巻!G・ジェズスの鮮烈ハットトリック
「ガブリエウがここで担う役割は、彼が以前いたクラブで担っていた役割とは全く異なるものになる。それにはある程度の適応と時間が必要だ。しかし、彼はそれを見事にやり遂げ、その早さには驚いているが、我々はその責任を共有しなければならない」

 そして、「彼は素晴らしい才能を持っており、そのメンタリティが他の選手にも良い影響をもたらし、我々に多くのものを与えてくれるだろう」と期待を寄せている。

 アーセナルの5日のリーグ開幕戦で、クリスタル・パレスと対戦。ブラジル代表ストライカーは期待に応える活躍をみせられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!