現地時間8月7日、ブラジル・サッカー協会はカタール・ワールドカップ(W杯)で着用する新ユニホームを発表した。

「ジャガーの力強さと美しさにインスパイアされた」と公開したのは、ホームシャツとアウェーシャツの2種類。ホームユニはブラジル伝統のイエローカラーを基調としており、ヒョウ柄がプリントされている。襟元、裾の部分は緑色に彩られ、ブルーのストライプが施されている。また、首元のボタンはブラジル国旗の配色でデザインされている。

 一方、アウェーユニは青が基調。肩から腕の部分にかけてグリーンのグラデーションになっており、その部分には、ホームキット同様にヒョウ柄がプリントされている。袖の部分には黄色のストライプもあしらわれている。

 新ユニの評判はどうなのか。SNS上で以下のような賛否の声が上がっている。
 
「1stは良いけど、2ndの豹柄が…」
「ワールドカップで観るのが楽しみ」
「6つ目の星を追加する準備はできた」
「フラッグボタンが天才的」
「買う勇気が出ない」
「すごく綺麗」
「あまり好きじゃない」

 W杯で最多5度の優勝を誇るセレソン。カタールの地では、2002年日韓大会以来となる世界一を叶えることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連画像】「すごく綺麗」「あまり好きじゃない」と賛否! カタールW杯でブラジル代表が着用する新ユニをチェック!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!