先週末にブンデスリーガが開幕し、各地で熱戦が繰り広げられた。そのなかでも、フライブルクの堂安律、ボルシアMGの板倉滉の活躍を、両者の古巣でもあるオランダ1部フローニンヘンが祝福している。

 クラブの公式HPでは、同時期に開幕したエールディビジ第1節はヴォーレンダムとドローに終わったと報告すると同時に、「元フローニンヘン選手の日本人ふたりも素晴らしいスタートを切った」とレポートしている。

「我々のクラブで活躍した様々な選手が、新しいクラブでさっそくその実力を発揮した。日本人では堂安と板倉が新シーズンからブンデスリーガでプレーしている。堂安は第1節から活躍を見せ、アウクスブルクを4−0で下すためのゴールを決めている。彼にとってはビーレフェルトでの経験に続くドイツでの2度目の冒険は上々の幕開けと言えそうだ」
【動画】フライブルク堂安の今季リーグ初得点&ボルシアMG板倉の初アシストをチェック!
 また、板倉についても「新天地で重要な役割を担った」と称えている。

「堂安とともにフローニンヘンでプレーしたこともある板倉は、昨シーズンはシャルケでドイツ2部リーグを戦った。そして昇格に貢献している。今夏にボルシアMGに移籍し、ドイツ1部の舞台に足を踏み入れた。このストッパーは先発で出場し、ホッフェンハイムを3−1で破る手助けをした。CKからのボールを味方に落とし、同点弾をお膳立てするという大切な役割も果たしている」

 そのほか、ティース・タリンガら元所属選手たちの活躍も紹介されている。フローニンヘンは堂安、板倉にとって海外初挑戦となった古巣だ。離れてもなお、クラブはその活躍を見守っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!