文字通り鮮烈なデビューを飾ったのが、久保建英だ。

 今夏にレアル・マドリーからレアル・ソシエダへ完全移籍をした日本代表MFは、現地8月14日に開催されたラ・リーガ開幕節のカディス戦でスタメン出場。4-4-2の2トップの一角に入る。

 そして、スコアレスで迎えた24分に、大仕事をやってのけるのだ。MFミケル・メリーノの浮き様のパスに反応し、ゴール前に飛び出したレフティは、左足のトラップからすかさず右足でシュート。“逆足”のボレーで先制ゴールを叩き出す。

 結局、ソシエダはこの1点を守りきり、1ー0で勝利。ニューカマーの一撃が、決勝点となった。

【動画】「クレイジーなパス」をワントラップから右足で圧巻のボレー!久保建英決めた鮮烈な移籍後初ゴールをチェック


 試合後、スペイン語でフラッシュインタビューに応じた久保のコメントを、スペイン・メディア『El Desmarqu』のギプスコア版が伝えている。

 昨シーズンのマジョルカでは48本のシュートを放ち、1ゴールしか奪えなかったが、今季は最初のシュートでネットを揺らした久保は、「今シーズンは違うものになると思う。夏の間、ずっとシュートに取り組んできたんだ」と、トレーニングに励んでいた事実を明かした。そして、アシストしたメリーノを称えている。

「ゴールの半分以上は彼のものだよ。とても冷静に受けられたし、ゴールキーパーを見る時間があった。クレイジーなパスだった」

 さらに、イマノル・アルグアシル監督についても言及。「監督は僕をプッシュしてくれた。それが良かったんだ。初日から、僕を信頼してくれた監督に感謝したい。遠くから僕たちを応援するために来てくれたファンにもね」と感謝の言葉を述べている。

 自身の鍛錬、指揮官の期待と要求、そしてスペイン代表MFからの上質なパス。これらが凝縮した、見事な初ゴールだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】胸トラップからGKとの1対1を制して、シュートを叩き込む練習中の久保建英

【画像】「忍者」「躍動感すき」ジャンプ一番!久保建英のトラップシーン

【動画】ファン興奮! 久保建英と勝負をし、笑顔を見せるダビド・シルバ