レアル・ソシエダに開幕戦勝利をもたらした新戦力を、現地メディアも称賛している。 

 現地8月14日に開催されたラ・リーガ開幕節で、ソシエダはカディス戦と敵地で対戦。1-0で白星を収めた。

 この試合で決勝点を決めたのが、今夏にレアル・マドリーから完全移籍でやって来た久保だ。24分、MFミケル・メリーノの浮き球のパスに反応してゴール前に飛び出し、左足のトラップから右足でボレー。圧巻の一撃を叩き込んでみせた。

【動画】ワントラップから右足で圧巻のボレーシュート!久保建英が鮮やかに決めた移籍後初ゴールをチェック


 スペインの大手紙『AS』の電子版は、「ラ・レアルでの最初の試合で彼は爆発した。クボの驚くべきゴールだ」とこの決勝弾を動画で紹介。「日本人はソシエダで大々的にデビュー。 スコアボードを1-0とする、素晴らしいマークを外す動き、完璧なコントロール、驚異的なシュートだった」と絶賛している。

 まさに久保の技術の高さが存分に発揮された、秀逸なゴールだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】胸トラップからGKとの1対1を制して、シュートを叩き込む練習中の久保建英

【画像】「忍者」「躍動感すき」ジャンプ一番!久保建英のトラップシーン

【動画】ファン興奮! 久保建英と勝負をし、笑顔を見せるダビド・シルバ