思わぬトラブルに、プレミアOBたちも言葉を失った。

 現地時間8月15日、プレミアリーグ第2節が行なわれ、リバプールは本拠地アンフィールドにクリスタル・パレスを迎えた。試合は1−1のドローに終わったなか、新加入FWダルウィン・ヌニェスの暴挙が波紋を広げている。

 0−1で迎えた57分、クリスタル・パレスのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンが後ろからヌニェスをやや乱暴にプッシュすると、ウルグアイ人FWが激昂。くるりと振り返ると顎に向かって頭突きを繰り出し、アンデルセンはピッチに倒れ込んだ。

 これでヌニェスは一発レッド。1点ビハインドの苦境にあったチームの足を引っ張る行動に出てしまった。数的不利に陥ったリバプールは、それでもルイス・ディアスのスーパーゴールで勝点1を確保したが、ヌニェスの退場は決して褒められたものではなかった。
【画像】ヌニェスが頭突きした決定的瞬間! 迎えるクロップの何ともいえない表情をチェック
 英衛星放送局『Sky Sports』で試合を見守っていたプレミアの”ご意見番”ガリー・ネビルと、リバプールOBジェイミー・キャラガーはあ然。厳しい言葉で退場となったヌニェスを批判している。

 ネビルは「素晴らしいディアスのゴールもかすむよ。ヌニェスの頭突きだ。ベンフィカでそのようなことはなかったのに、今夜は愚かさを露呈した。狂気の瞬間だよ。彼の闘争心は認めるが、アンデルセンの鼻の下を砕いたのは褒められたことじゃない」と語っている。

「私も現役時代、確かに試合中にカッとなった経験はあるし、僕はエバートンでファンに向かってボールを蹴ったし、スティーブ・マクマナマンに対しても同じことをした。君(キャラガー)も観客にコインを投げつけたりしただろ? なぜ反応してしまうのか、私は正直、自分では説明のしようがない」

 このコメントに対し、キャラガーは「とはいえ、恐ろしい態度だ」と述べた。

「あの行動に出た前後、ヌニェスはレフェリーに向かって文句を言っていた。アンデルセンは何もせず、普通のCBのポジションにいただけだ。レフェリーの真向かいで起きた出来事に対して、彼は何もしていないと主張したんだぞ! 立ち去って行った姿を見たら、まあ自分のしたことを理解したと思う。ただ、チームとファンを間違いなく失望させた」

 辛辣な批評でお馴染みのご意見番2人も、この愚行にはお手上げのようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち