現地時間8月29日、プーマ社がサプライヤーを務めるスイス代表の新アウェーユニホームを発表した。

 11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)で着用されるアウェーシャツは、上部の白から下部のライトグレーへグラデーションが施され、中央にはグレーのボーダー柄があしらわれている。また、シャツの中央に背番号が大きくプリントされ、それを囲むようような四角が描かれているのが特徴的だ。
 
 このデザインに、SNS上では「病院みたい」「シャツの真ん中に身分証明書」「なんとも言えない」「やっぱりカレンダーにしか見えない」「選手が着たらよく見えるのか?」などの声が上がっている。

 赤が基調のホームユニホームは、既に今年5月に発表されている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】スイス代表の“シンプル過ぎる”W杯ユニをチェック!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!