久保建英の驚愕ゴールに再びスポットライトが当たっている。

 現地時間8月31日に英メディア『GIVEMESPORT』が、「ゴールスコアラーではない久保がとても奇妙なシュートでネットを揺らした」と取り上げたのは、昨年6月に久保がU-24日本代表として臨んだジャマイカ戦(4−0)の先制弾だ。

 32分、右サイドでボールを受けると、そのままドリブルで仕掛け、カットインから左足を振り抜く。シュートコースはほぼなかったが、ボールは相手ディフェンス3人とGKの股をすり抜けネットに吸い込まれた。
 
 この“4人股抜きゴール”は当時、日本でも話題となったが、1年以上が経った今、再び海外で注目を浴びているようだ。記事では、「クレイジーだ。このハプニングが起こる確率はどれくらいあるんだ? こんなゴール初めて見たし、これから相当長い間見られないだろう」と絶賛している。

 また、同メディアがこのゴールを紹介すると「また見せてほしい」「史上最高の股抜きだ」「5点分の価値がある」「アートのようだ」「狙ってたら凄い」「ギネス記録だろ」などの声が上がっている。

 今季は新天地のレアル・ソシエダで、リーグ開幕戦ではさっそくゴールを記録するなど好調の久保。再びファンを驚愕させるゴラッソに期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】相手4人の股抜き!久保建英の驚愕ゴールをチェック!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!