現地時間8月31日に行なわれたプレミアリーグ第5節で、冨安健洋の所属するアーセナルは、アストン・ビラとホームで対戦。冨安は4試合連続でベンチスタートとなった。

 開幕から4連勝中のアーセナルは、序盤から勢いをもって攻め込む。11分、ゴール前の混戦からDFのガブリエウ・マガリャンイスがフリーでシュートを放ったが、惜しくもゴール左に外れた。

 さらに23分には、左サイドを突破したマルチネッリのクロスをサカが無人のゴールに押し込むだけだったが、決め切れず。

 先制点が生まれたのは30分。ジャカの強烈なシュートをGKマルティネスがセーブ、こぼれたボールにガブリエウ・ジェズスが反応し、冷静に左足で押し込んだ。このまま前半を1点リードで終える。

【動画】好調G・ジェズスが決めたアーセナルの先制ゴール!
 アーセナルは、64分にホワイトに代わり冨安を投入。70分には、その冨安がカウンターからオーバーラップで右サイドを駆け上がり、クロスを上げたが惜しくも味方には合わなかった。

 試合を優位に進めるなか、74分に右CKからルイスが蹴ったボールが直接ネットに吸い込まれ同点に追いつかれる。

 しかし直後の77分、冨安のパスを受けたサカのクロスをマルチネッリが上手く合わせゴールにねじ込み、ホームチームが再びリードを奪う。

 その後は攻勢に出るアストン・ビラに得点を許さず、試合はこのまま2−1で終了。開幕5連勝を達成し、首位をキープした。

 6連勝を目ざす次節は、9月4日にアウェーでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ジャマイカ風ユニを着用した岩渕真奈とアーセナルのスター3選手との豪華4ショット

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!