今夏にマンチェスター・シティからアーセナルに移籍したウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコの妻ウラダさんが、新天地でユニホーム姿を披露して反響を呼んでいる。

 アーセナルは8月31日に開催されたプレミアリーグ第5節で、アストン・ビラとホームで対戦し、2-1で勝利。開幕5連勝を飾った。

 ジンチェンコは故障でメンバーとなったものの、ウラダさんはこの試合を観戦していたようだ。試合後に「エミレーツの素晴らしい雰囲気。+3(ポイント)。私たちは進んで行く!」と綴り、エミレーツ・スタジアムのスタンドでアーセナルのユニホームを着用してポーズを決める写真を投稿した。

【画像】「さらに美しく見える」ジンチェンコの妻ウラダさんのアーセナルユニ着用初ショット
 才色兼備で、モデル、司会者、ジャーナリストなど幅広く活躍しているウラダさんは、シティ時代にもユニホーム姿を披露し、ファンの喝采を浴びてきた。

 アーセナル移籍後は、ユニ姿を披露するのはこれが初めてで、赤いミニスカートに長袖ホームユニというコーデの美しい姿にファンは歓喜。13万近い「いいね」とともに、コメント欄には、「やっと着てくれた」「なんて美しいんだ!」「赤がめっちゃ似合ってる」「素晴らしい美貌」「さらに美しく見える」「シティユニよりずっといいよ」「最高かよ」「言葉がでないよ」といった声が700件近く寄せられている。

 そのパフォーマンスとキャラクターでさっそく人気者となっている夫と同様に、ウラダさんも注目を集める存在となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!