TBSは9月3日、同4日に放送される連続ドラマ『オールドルーキー』最終話で俳優の神尾楓珠さんが日本代表の新ユニホームを着用して出演すると発表した。また、国立競技場で撮影された試合のシーンでは、カレン・ロバート(房総ローヴァーズ木更津FC)が10番を背負う日本代表の選手役で登場する。

『オールドルーキー』は、サッカー一筋だった元日本代表のJリーガーの主人公・新町亮太郎が引退後にスポーツマネジメント会社社員として奮闘するドラマ。
 
 これまで、中田浩二氏や大久保嘉人氏、加地亮氏、那須大亮氏、秋元陽太氏、松木安太郎氏、WEリーグ大宮アルディージャVENTUSのMF仲田歩夢が出演。Jリーグのクラブ名が実名で登場し、湘南ベルマーレの練習場がロケ地に使われた。

 初めてのテレビドラマ撮影を経験したカレン・ロバートは「ストーリーにはすごく共感。最終回の展開が楽しみ」とコメントしている。

 Jリーグや日本サッカー協会の協力も得て制作されたドラマの最終回に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連画像】『オールドルーキー』代表新ユニ着用の神尾楓珠さんをチェック!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!