Jリーグは9月3日、J2第34節の8試合を各地で開催した。

 水戸は仙台に2−1の勝利。29分、杉浦文哉がネットを揺らして先制点を奪うと、74分には土肥航大が決めて2点を先行する。83分に相手に献上したPKをキッカーの中山仁斗に決められ1点を返されたが、水戸がリードを守り切り、2試合ぶり白星。一方の仙台は、痛恨のリーグ戦4連敗となった。

 首位の横浜FCは山口と対戦し、3−3のドロー。32分、小川航基のゴールで先手を取る。53分に失点し、タイスコアとされたが、61分に伊藤翔、その2分後に小川がネットを揺らし、2点にリードを広げる。しかし、終盤に山口に2得点を許し、ふたたび同点に追いつかれ、痛み分けに終わった。
 
 前節7位の大分は2位の新潟を1−0で下した。19分、味方のクロスを中川寛斗が頭で合わせて先手を取る。その後、相手の攻勢を受けるも、最後まで粘り強く守り無失点に抑えた。大分は勝点を52に伸ばし、暫定ながら順位を5位へ上げた。

 また山形対岩手は、ディサロ燦シルヴァーノの2得点もあり、山形が4−1の快勝。徳島は、杉森考起と西谷和希のゴールで甲府を2−0で下し、リーグ戦3連勝を飾った。

 J2リーグ第34節の結果と今後の日程は以下の通り。

▼9月3日開催分
琉球 0−1 秋田
千葉 0−1 長崎
新潟 0−1 大分
仙台 1−2 水戸
山形 4−1 岩手
金沢 2−1 東京V
山口 3−3 横浜FC
徳島 2−0 甲府

▼9月4日開催分
栃木 18:00 群馬
岡山 19:00 町田
熊本 19:00 大宮

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

J2リーグ 順位表