現地時間9月3日に行なわれたブンデスリーガ第5節で、長谷部誠と鎌田大地を擁するフランクフルトが、難敵RBライプツィヒとホームで対戦。ともにミッドウィークにチャンピオンズリーグを控える両軍が、満員のスタジアムで激突した。

 鎌田が左サイドハーフで先発、長谷部はベンチスタートとなった試合は10分、味方からのスルーパスに反応した鎌田がゴールネットを揺らすが、オフサイドで無効となる。

 その6分後、ゲッツェのクロスをムアニが頭で折り返したボールに、詰めていた鎌田が飛び込みながら頭で合わせてゴールネットを揺らす。この貴重な先制点は、日本代表MFにとって今シーズン3点目となった。
【動画】鎌田としては珍しい? ダイビングヘッドでの今季3点目をチェック

 さらに22分、コロ・ムアニのパスに反応したロデがシュートを決め、ホームチームが2点を先行して前半を終えた。
 
 後半に入り、67分にはトゥタによる3点目、84分には鎌田のパスを起点に獲得したPKでボレが加点し、試合は4-0で終了。フランクフルトは2連勝し、鎌田はフル出場。長谷部は出場しなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】鎌田の直接FKがネットを揺らす! ブンデス2戦連発となった豪快なFKをチェック

【画像】長谷部&鎌田の日本人選手2人を含む、フランクフルトの選手一覧をチェック!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!