久保建英が所属するレアル・ソシエダは、現地9月3日に開催されたラ・リーガ第4節でアトレティコ・マドリーとホームで対戦した。

 久保は開幕4試合目で初めてベンチスタート。2トップは、復帰したばかりのセルロトとチョが起用された。

 そのソシエダは開始5分、カラスコの鋭いCKがニアポストに当たった跳ね返りをモラタに決められ、先制を許す。

 11分にはチョのクロスに、シルバがハーフボレーで狙うも、GKオブラクの正面を突く。その4分後にもチョのクロスにメリーノが合わせるも、ポストを叩く。

 30分には再びモラタにネットを揺らされるも、VAR検証の末に直前にジョアン・フェリックスのハンドがあったとしてゴールは取り消される。その2分後、敵CBのヒメネスにミドルシュートを浴びるも、GKレミロがセーブしたボールがポストに当たり、失点を免れる。

【動画】「ガチうまい」「視野の広さとサッカーIQの高さがわかる」決勝点を引き出した久保の“隠れたファインプレー”


 ソシエダは後半頭からセルロトに代えて、こちらもアルメリアから9月1日に加入したばかりのサディクを前線に投入。この采配が的中する。

 55分、再びチョが左サイドから上げたクロスを、サディクがヘッド。これが肩付近に当たってネットを揺らす。

 アトレティコ戦での相性がよい久保に出番がやってきたのは71分。3枚替えでシルバと代わって移籍後初めてトップ下に入る。

 積極的にボールに絡んだ久保は76分、ダブルタッチから右足でスル―パスを送り、サディクがループ気味のシュートを決めるも、オフサイドでアシストとはならない。89分にはCKから直接ゴールを狙うも、惜しくも枠を外れる。

 試合はこのまま1-1のドローで終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保が途中出場で幻の超絶アシスト&白熱のアトレティコ戦ハイライト

【動画】ワントラップから右足で圧巻のボレーシュート!久保建英が鮮やかに決めた移籍後初ゴールをチェック