現地時間9月3日、リーグ・アンの第6節が行なわれ、パリ・サンジェルマンは敵地でナントと対戦し、3−0で勝利した。昨季王者はここまで無敗のまま、首位をキープしている。

 前節のトゥールーズ戦(3−0)から先発メンバーが入れ替わり、ネイマールやセルヒオ・ラモス、ヌーノ・メンデスらはベンチスタート。代わりにパブロ・サラビア、プレスネル・キンペンベ、アクラフ・ハキミらが先発に名を連ねた。

 躍動したのはやはり前線だ。18分、ドリブルで持ち上がったリオネル・メッシからのパスを受けたキリアン・エムバペがシュート。ゴール右隅に突き刺して先制した。その後にヴィティーニャが接触プレーで負傷し、交代するというアクシデントが発生したが、54分、ゴール前の混戦からメッシの折り返しをエムバペが押し込んで2点目。62分にはS・ラモスとネイマールがピッチインし、6分後にハキミの折り返しをネイマールがシュート。左ポストを直撃したはねかえりをメンデスが押し込み、3点目を奪取した。

 ナントは途中から1人退場で数的不利になっていたとはいえ、パリSGが始終試合をコントロールした一戦。現地メディア『foot1』は「パリSGが敵を手玉に取ったゲーム。相手はどうにもならない。”反則級”だ」と脱帽している。
【動画】メッシのアシストからエムバペが2発! ”反則級”の華麗なゴールをチェック
 日本での中継を担当する『DAZN』がこの試合のハイライトを公開すると、ファンからも多くの声が集まった。

「エンバペほどシュートとキーパーとの1対1が上手いウイングいないと思う」
「エンバペ交代でいなくなると思ったらネイマール入ってくるんだもんな笑」
「メッシ×ムバッペとメッシ×ネイマールで全く違うサッカーできるの凄すぎる。前半と後半で分けたら対応出来ないな」
「ワールドクラスだと思う」
「エムバペとメッシが共鳴し合ってて笑う」
「こうなるとメッシアシストだけで50Aみたいな全盛期の51Gの逆を見たくなってくる。ここまで3G6Aでいいペース」
「メッシにはもっとゴールしてほしい」
「ネイマールこんな短いダイジェストでも意味わからんくらい上手くて草」
「ユーベ戦はどんなスタメンになるんだろう。楽しみだ」

 フランス王者は、リーグ戦の勢いのまま、チャンピオンズリーグのグループステージに挑む。第1戦は9月6日、セリエAのユベントスと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】「メッシ、紫が似合うな」」「カラーが抜群」と絶賛の声!エースがモデルとなったアルゼンチン代表の新アウェーユニホーム

【動画】ネイマール、エムバペ、ベルナトがゴール! オナイウも途中出場したトゥールーズ対パリSGをチェック

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!