元日本代表の大久保嘉人氏が、DAZNで配信された『やべっちスタジアム』に出演。柏レイソルFWドウグラスのゴールを称賛した。

 先週末のJリーグで、とくに印象に残った得点シーンを大久保氏が選び、解説する企画「なんか分からんけどこのゴールすげぇ!!」。今回、このコーナーで取り上げたのは、9月3日に行なわれたJ1第28節・ジュビロ磐田戦での柏のドウグラスのテクニカルな先制ゴールだ。

 23分、大南拓磨がマテウス・サヴィオとのワンツーで右サイドを突破し、ゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これに反応したドウグラスが、ペナルティエリア中央で左足のヒールで巧みに合わせてネットを揺らした。
 
 2試合連続弾と勢いに乗るFWの得点を大久保氏は、「まさにストライカーらしいゴール。この得点を見た瞬間、今回はこれだなと思いました」と絶賛し、驚きを持って伝えた。

「普通だとパスが後ろにいきすぎてしまったことでスルーしたり、後ろに落としたりしてしまうんですけど、とりあえず足に当ててみようと一か八かで足を残した。外国人選手ならではの感覚ですよね。しっかりボールに当たるところも見ていますし、完全に狙っていますね」

 ただ、ヒールでのシュートなだけに精度が低いため、「リスクが高いシュート」と表現。そのうえで、しっかりと決め切ったドウグラスを「こういう状況でもチャレンジできるところがストライカー。まさにナイスアタックでした」と称えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】「完全に狙っていますね」大久保も称えたドウグラスの劇術的な左足ヒール弾!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!