元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏が、イングランドで大旋風を巻き起こしている“怪物”アーリング・ハーランドについて語った。英紙『Daily Mail』が9月5日付けで伝えている。

 22歳のノルウェー代表FWは今夏に、ドルトムントから、かつて父アルフ・インゲ・ハーランド氏もプレーしたマンチェスター・シティに加入。すると、プレミアリーグデビュー戦でいきなり2ゴールをマークすれば、4節と5節ではハットトリックを達成するなど、同リーグ史上最速となる開幕から6試合で二桁得点に到達した。
【動画】「ジャンプ力えぐい」「動き出し完璧」左足、右足、ヘッド!怪物ハーランドが決めた驚異の2試合連続ハットトリック

 圧倒的な得点力を誇り、世界最高のストライカーとも称されているが、カッサーノ氏はそうは考えていないようだ。アッズーリの元同僚クリスティアン・ヴィエリ氏のTwitchチャンネル『BOBO TV』に出演した際に、同じく今夏からシティでプレーするアルゼンチン代表FWの名を挙げ、こう語っている。
 
「フリアン・アルバレスのほうがずっと強い。確かにハーランドは90ゴールを決めるだろうし、とても強い。よりレベルの高い(ロメル・)ルカクという感じだが、アルバレスはハーランドよりも選手として、質的にも上だ。ハーランドは特別な存在ではない」

 現役時代は悪童と称された40歳は一方で、「ハーランドの中にインテルのアドリアーノを見ることができる。それに彼はヴィエリのような成長がある」とも発言。セリエA屈指のレジェンドFW2人との共通点も説いている。

 母国のリーベル・プレートから加入したアルバレスは、初先発したノッティンガム・フォレスト戦で2ゴールを記録。3発を叩き込んだハーランドと共に、さっそく才能の片鱗を見せつけた。今後もイングランド王者が誇る22歳コンビの活躍から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ファンも唖然! ハーランドの“爆買い”が目撃される!

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち