反響を呼んでいるのが、レアル・ソシエダの久保建英が披露した妙技だ。

 1―1のドローに終わったラ・リーガ第4節アトレティコ・マドリー戦の76分だった。71分からの途中出場で、トップ下に入った日本代表MFは、ペナルティアーク付近でボールを受けると、ダブルタッチパスでウマル・サディクへボールを供給。ナイジェリア代表FWがネットを揺らしたものの、オフサイドでゴールは認められなかった。

 ソシエダの公式SNSは9月6日、この“幻のアシスト”の動画を公開。「このタケのパスを絵文字で表現すると?」と投稿した。

【関連動画】「魔法使い」「クレイジー」反響を呼んでいる“幻のダブルタッチアシスト”


 すると、スペインや日本のファンが反応。「魔法使い」「魔法の杖」「驚き」「ビックリマーク」「拍手」「炎」「涙」「星」「ハート」などの絵文字が投稿されたほか、「この久保選手のパスは神だわ」「100点」「信じられない」「素敵」「残忍」「日本のメッシ」「これはクレイジーだ」「本物のクラック」といった驚きの声があがった。

 ソシエダは8日にヨーロッパリーグの初戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。久保はこの大一番で、今度こそ「幻ではない」結果を残せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ワントラップから右足で圧巻のボレーシュート!久保建英が鮮やかに決めた移籍後初ゴールをチェック

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!