現地9月6日に開催されたチャンピオンズリーグ・グループステージ開幕節(H組)で、パリ・サンジェルマンがユベントスをホームに迎えた。

 パリSGは、注目のメッシ、ネイマール、エムバペの“MNM”が揃ってスタメン。今夏にそのフランス王者からユーベに移籍してきたパレデスが先発に名を連ねた一方、ディ・マリアはコンディション不良でベンチ外となった。

 試合はいきなり動く。開始5分、ネイマールの浮き球のパスに抜け出たエムバペが右足で鋭いダイレクトシュート。電光石火の先制点をもたらす。

 19分には、ミリクのヘッドを守護神ドンナルンマが好セーブ。その流れからユーベの新戦力コスティッチにシュートを浴びるも、シュートミスに助けられる。

 ホームチームは、その3分後に追加点を挙げる。ハキミとのパス交換からのダイレクトシュートで、再びエムバペがネットを揺らしてみせた。

【画像】浮き球パスにダイレクトシュート!先制弾を決めたエムバペ
 

 後半に入ってもパリSGペースは変わらず、48分にネイマール、51分にエムバペがシュートを放つも決めきれない。

 すると、ユーベが反撃。55分にショートコーナーから、コスティッチのピンポイントクロスに後半開始から投入されたマッケニーがヘッドで合わせて1点を返す。

 これで息を吹き返したアウェーチームは64分にピンチを招くも、メッシのパスを受けたエムバペのシュートは枠を外れる。

 その後は一進一退の展開となるなか、スコアは動かず、白熱の好ゲームはこのまま終了。2-1でパリSGが白星スタートを切った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!