9月7日、天皇杯の準々決勝の4試合が各地で開催された。

 C大阪対広島は、広島が2−1で勝利。前半に先制される展開も、86分に柏好文が同点弾、90+1分に川村拓夢が逆転弾を決めた。

 神戸対鹿島は、鹿島が1−0で競り勝つ。62分に鈴木優磨が挙げた1点を守り抜いた。
 
 京都対東京Vは、京都が2−1で逃げ切る。21分と53分にパウリーニョが得点。終了間際に失点も、それ以上のゴールを許さなかった。

 福岡対甲府は、延長戦の末に甲府が2−1で勝利。1−1で迎えた延長前半の97分、鳥海芳樹が値千金の勝ち越し弾を挙げた。

 この結果、10月5日に行なわれる準決勝は、甲府対鹿島、京都対広島のカードになった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!