現地時間9月7日、プレミアリーグのチェルシーはトーマス・トゥヘル監督を解任したと発表した。

 クラブの公式HPには、「新オーナーグループはクラブを引き継いでから100日を迎え、クラブを前進させるための努力を続けている。そのなかでこの決断が適切なタイミングであると確信している」と綴られている。

 この解任の一報に現地サポーターは動揺しているようだ。公式SNSが解任を伝えた投稿はたちまち拡散され、様々な声が寄せられている。

 特にファンの共感を集めているのは、「チェルシーは史上最低のチームでUCLを勝ち取った監督をクビにして、史上最低のクラブになった」というコメントだ。8000以上の「いいね」が寄せられており、サポーターは必ずしもこの決断に賛同していないことが窺える。
【動画】トゥヘルにとってはチェルシーのラストゲームに。CL初戦D・ザグレブ戦をチェック
 ほかにも、「これは本当に、ここしばらくで読んだものの中で最も動揺するものの一つだ」「なぜ!? もう少し時間を与えるべきだ」「どうして2試合で解雇する監督の言うことを聞いて移籍をサポートしたんだ?」「クソみたいな決断だ」「今、この目で見ているものが信じられない」「もうこのクラブについていくのに疲れたよ」「このクラブはいったい、何回選択を間違えたら気が済むんだ?」といった批判的な声が多く見られる。

 後任については未定だが、現地紙『Telegraph』や『Sky Sports』によれば、オーナー陣は現在、夏に三笘薫が加入した同じプレミアリーグのブライトンを率いるグレアム・ポッター監督を希望していると報じている。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】ガオガオダンスや個性的な特技を披露!「シントトロイデンガールズ」を一挙紹介!