U-20アジアカップ・ウズベキスタン予選に臨むU-19日本代表は9月7日、国内合宿の最終日で流通経済大とのトレーニングマッチ(45分×2本)を実施した。

 1本目のシステムは4−4−2で、2トップは坂本一彩(G大阪)と内藤大和(甲府)がコンビを組んだ。立ち上がりの5分までは流通経済大に押し込まれる展開となったが、6分に相手の一瞬の隙を突いて先制した。

 右サイドを味方とのワンツーで抜け出した中村仁郎(G大阪)がゴール前に折り返すと、山崎太新(筑波大)が右足で冷静にゴールへ流し込んだ。
 
 その後は中盤で保田堅心(大分U-18)がシンプルにボールを捌いて攻撃の起点となり、テンポの良いパス回しから何度もチャンスを創出。しかし19分、速攻から右サイドを崩され、同点とされる。

 なかなかボールが繋がらず苦しんだ際には、中村が「もうちょっとボールを大事にしようよ!」とチームを鼓舞。この声に選手たちの士気が上がったか、攻勢に出ると、44分に勝ち越しゴールを奪う。

 内藤に代わって途中出場し、右サイドハーフに入った永⾧鷹虎(川崎)が右サイドを持ち上がり、ゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これに反応した坂本が収め、冷静に右足でゴール右に流し込んだ。

 U-19代表は相手にボールを持たれる時間もあったが粘り強く守り抜き、1本目は2−1でしっかりと勝ち切った。
 
 U-19代表は2本目も4−4−2のシステムで、1本目のスタメンから内藤以外の10名を変更。立ち上がりから主導権を握ると、CB高井幸大(川崎U-18)の高精度のサイドチェンジから、左サイドで受けた熊取谷一星(明治大)が果敢に仕掛ける。そしてゴール前へのラストパスに、最前線の内藤が飛び込むシーンが何度か見られた。

 シュートを放ちながらも、フィニッシュの精度を欠いてなかなか得点に繋がらない時間が続く。それでも、北野颯太(C大阪)がペナルティエリア手前中央から積極的にミドルシュートを放つなど、さらに攻勢を強める。

 すると20分、内藤とのワンツーでペナルティエリア左に進入した北野が、ゴール前へ丁寧に折り返す。これに反応した永⾧が、右足でゴール右に流し込んだ。
 
 相手のセットプレーでは、188センチのCB田中隼人(柏)が長身を活かして、ゴール前への浮き球のパスを再三ヘディングではね返し、敵にチャンスを与えない。勢いに乗ると42分には、北野がコントロールシュートでネットを揺らし、追加点。このまま2点のリードで2本目を終えた。

 1本目(2−1)と2本目(2−0)の合計スコア4−1で流通経済大に快勝。U-19代表はこのあと、来年行なわれるU-20ワールドカップのアジア1次予選を兼ねたU-20アジアカップ・ウズベキスタン予選に参戦。12日に初戦でラオス、14日にグアム、16日にパレスチナ、18日にイエメンと対戦する。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】U-19日本 × 流通経済大|北野、中村、永長ら世代屈指のタレントが躍動!U-20アジアカップ予選に向けてトレーニングマッチを実施!