昨シーズン後半戦を棒に振り、今シーズンも開幕に間に合わなかったことを考えれば、ベンチスタートからの出場が続いているのもおかしなことではない。だが、コンディションが上がってくれば、冨安健洋を先発で起用すべきとの声が上がるのも、不思議ではないだろう。

 アーセナルは9月4日のプレミアリーグ前節で、マンチェスター・ユナイテッドに敵地で1-3と敗れ、今季初黒星を喫した。元イングランド代表FWのガブリエル・アグボンラホールは、ミケル・アルテタ監督が今後、右SBのスタメンにベン・ホワイトではなく冨安を使うべきとの見解を示している。

 アグボンラホールは『Football Insider』で「よくやったが、ユナイテッドがクレバーで、守備の弱点であるホワイトを狙った。彼はサイドバックじゃない。スピードがない。彼らはそちらのサイドを狙ってうまくやったんだ」と述べた。

「ユナイテッドのサイドバックはアーセナルよりも守備が良かったと思う。ホワイトがやられたのは、彼が右サイドバックじゃないからだ。もっとスピードがあるトミヤスがベンチにいて、どうして彼を使わないんだ。ミスだったと思う」
 


 一方で、アグボンラホールは敗戦そのものについて、「アーセナルは良いプレーをしたし、おそらくエミレーツではユナイテッドに勝つだろう。こういう試合では、ホームアドバンテージが鍵になると思う」と話した。

「試合後、アルテタは選手たちに『今日の君たちは私を誇らしくしてくれた。我々は良いサッカーをした。守備も良かった。だが、ファンがいてホームアドバンテージがあるエミレーツでリベンジしよう』と話したんじゃないか。自分がアーセナルの人間だったら、落胆はしないだろう。週末(にアーセナルが対戦する)エバートンはタフな試合となるよ。彼らは本当に良いようだからね」

 そのエバートン戦では、冨安の先発出場を予想する声もある。初黒星からの巻き返しを図るアーセナルとアルテタ監督の采配に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【画像】ジャマイカ風ユニを着用した岩渕真奈とアーセナルのスター3選手との豪華4ショット

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!