ドイツのシュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、コンテンツメディア「SYNCHRONOUS(シンクロナス)」で配信する『月刊・遠藤航』で元日本代表10番の中村俊輔(横浜FC)と対談。今冬に控えるカタール・ワールドカップにいかに挑むか。希代のレフティが熱く語った。

 2018年のロシア大会では、遠藤はメンバーに選ばれるも出場はなかった。それだけに、カタール大会に向けては強い思いがある。

 そんな遠藤に対して、俊輔は「完全燃焼してほしい」と訴える。「ロシアもああいう感じだったし。それはそれでいろんなものを得たかもしれないけど。今回は出られるチャンスがあるし。完全燃焼」を期待する。

「代表はやっぱり、結果を残すとこかもしれないけど、結局は未来の、ね。日本のために、潔くぶつかって散ってもいいと思う」
 
 日本はグループステージ初戦でドイツ代表と対戦する。優勝候補を相手に難しい試合が予想されるが、遠藤は「個人的にはすごい楽しみ」と気合十分で、「まずそこに100パーセント全力を注ぎ込みたい」とイメージする。

 この言葉を受けて俊輔は、「全員がそれでね、(気持ちが)あったらいいなって」と願う。「悔いは絶対……もともとないと思うけど、(悔いなく)やってほしい」と、遠藤をはじめ、森保ジャパンの健闘を楽しみにしている様子の俊輔に、遠藤は真剣な眼差しを向けて、大先輩の話にうなずいた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】「吉田君とか、チビゴリラとかいるんで」。俊輔が森保Jに期待すること。遠藤は希代のレフティとの共演を熱望「本当に一緒にプレーしたい」

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!