[J1第29節]浦和4−1柏/9月10日/埼玉スタジアム2002

【浦和|採点】
スタメン)
GK
鈴木彩艶 6.5
DF
宮本優太 6
アレクサンダー・ショルツ 6.5
知念哲矢 6.5
明本考浩 6.5
MF
伊藤敦樹 7(71分OUT)【MAN OF THE MATCH】
岩尾 憲 6.5(84分OUT)
関根貴大 6
大久保智明 7(66分OUT)
FW
松尾佑介 7(71分OUT)
アレックス・シャルク 6.5(66分OUT)

途中出場)
MF
江坂 任 6(66分IN)
MF
松崎 快 6(66分IN)
MF
柴戸 海 6(71分IN)
FW
キャスパー・ユンカー 6(71分IN)
MF
安居海渡 6(84分IN)

監督)
リカルド・ロドリゲス 6.5
 
【浦和|寸評】
 守備時のフォーメーションは4−2−3−1だが、攻撃時は中盤の形を逆三角形に変えた4−3−3にシフト。機能性が高い可変システムで相手を攪乱した。

 7分には大久保のスルーパスに反応した松尾がネットを揺らして先制。アシストした大久保は流動的にポジションを入れ替えつつ、相手を惑わす立ち位置が絶妙で、狭いスペースを苦にしないテクニックも素晴らしかった。

 攻撃時はインサイドハーフにシフトした伊藤も、相手が嫌がるポジションを取るのが上手かった。24分には岩尾の縦パスを受け、A・シャルクへ痺れるようなスルーパスを供給。ボールを受けたA・シャルクは相手GKとの1対1を制した。

 さらに57分には岩尾のCKを明本がファーサイドに流し、最後は知念が詰めた。セットプレーからもゴールを奪い、後半途中の相手の反撃はGK鈴木の好守連発で凌ぐあたりは、チームとしての完成度の高さを感じさせた。 

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【柏|採点】
スタメン)
GK
佐々木雅士 4.5
DF
上島拓巳 4.5
染谷悠太 4.5(67分OUT)
古賀太陽 4.5
MF
大南拓磨 5
椎橋慧也 5(67分OUT)
三丸 拡 5
ドッジ 5
マテウス・サヴィオ 5(55分OUT)
FW
細谷真大 5.5
ドウグラス 5(HT OUT)

途中出場)
FW
武藤雄樹 5.5(HT IN)
MF
小屋松知哉 5.5(55分IN)
MF
加藤匠人 5.5(67分IN)
DF
北爪健吾 4.5(67分IN)

監督)
ネルシーニョ 4.5
 
【柏|寸評】
 序盤から相手にボールを保持され、流動的にポジションを入れ替える敵を捕まえきれない。防戦一方の展開で前半は7分と24分に失点した。

 1失点目の場面で染谷はアシスト者の大久保にかわされ、上島は曖昧な守り方で相手の攻撃を防げず、古賀は得点者の松尾に目の前でゴールを許した。2失点目のシーンでは容易に最終ラインを打破され、GKの佐々木は一度はシュートを防ぎながらも、ボールを弾くコースが悪く、こぼれ球を詰められた。

 前半途中からシステムを3−4−2−1に変更し、後半に入っても同じフォーメーションで守勢に回り、57分にはCKから追加点を許す。セットプレーからの失点という悪癖も、相変わらず改善されない。終盤にはPKを献上して4失点と完敗したが、試合終了間際に細谷が得点と、少しの意地は見せた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】柏レイソルを応援する美女サポーターたち