Jリーグは9月10日、J1第29の8試合を各地で開催。IAIスタジアム日本平では清水エスパルス対湘南ベルマーレが行なわれ、1−1で引き分けた。

 立ち上がりは湘南が押し込む展開だったが、先制したのは清水。12分、相手に当たって浮き球となったボールに反応した白崎凌兵が巧みにヒールで前方に流す。これに抜け出したチアゴ・サンタナが左足のミドルシュートを突き刺す。

 湘南は、失点後もボール保持率で上回りチャンスを作る。38分に平岡太陽がミドル、41分には阿部浩之がシュートを放ったが、ゴールならず。1−0の清水リードで折り返しとなった。
 
 後半も湘南ペースで試合は進む。57分に町野修斗が抜け出してGKと1対1に持ち込み、65分にはタリクが右足で狙い、79分には山田直輝が左足を振り抜くが、シュートはいずれもGK権田修一に阻まれた。直後の80分にはCKを山本脩人が頭で合わせるが、クロスバーに直撃した。

 なかなかゴールをこじ開けられない湘南だが、土壇場で追いつく。90+6分、茨田陽生が右足で入れた浮き球に、ウェリントンがドンピシャでヘッドで合わせてネットを揺らす。

 勝点1を分け合った両者は、ともに2戦未勝利。次節は9月17日、清水は敵地でアビスパ福岡、湘南はホームで浦和レッズと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】湘南ウェリントンが90+6分に決めた同点弾をチェック!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!