9月10日にJ1第29節が開催され、セレッソ大阪はサガン鳥栖と、本拠地ヨドコウ桜スタジアムで対戦。1点リードで迎えた終盤に一度は追いつかれるも、90+3分にジェアン・パトリッキが勝ち越し点を奪い、2−1で接戦をモノにした。

 この一戦で、劇的弾を叩き込んだブラジル人FWと共に注目を集めているのが、鈴木徳真だ。

 両者譲らずスコアレスで迎えた52分、ふわりと浮いたこぼれ球にペナルティエリア外で反応すると、右足で豪快にボレーシュート。鋭い一撃はゴールの右隅へ一直線に飛び、クロスバーを叩いた後、鮮やかにネットを揺らした。

 実況も思わず絶叫した鮮烈なゴラッソは、日本国内はもちろん、海外でも話題に。イギリスの大手紙『The Guardian』は「セレッソ大阪のプレーヤーがJリーグでワンダーボレーを決めた」と見出しを打ち、こう報じている。
【動画】気分爽快の豪快ボレー!海外紙も絶賛したセレッソ鈴木徳真の衝撃ゴラッソをチェック
「セレッソ大阪の鈴木徳真が、サガン鳥栖戦で52分にボックスの外から、素晴らしい右足ボレーシュートを決めた。このMFの極上の一撃で先制した後、本田風智のゴールでアウェーチームに追いつかれたものの、土壇場にジェアン・パトリッキが決勝点を決め、2−1で勝利。鳥栖とは4ポイント差とし、J1順位表の5位に浮上した」

 また、スポーツチャンネル『ESPN』アジア版の公式ツイッターも、「WHAT. A. HIT. セレッソ大阪の鈴木徳真が見事なボレーで先制点を挙げ、サガン鳥栖相手に勝利をもたらした」と、映像を拡散している。

 前橋育英高時代には、高校サッカー選手権で準優勝を経験した鈴木は、筑波大を卒業後、2019年に徳島ヴォルティスに加入。今季、C大阪へ移籍すると、前半戦は途中出場が続くも、18節の清水エスパルス戦以降は1試合を除き、フル出場している。今後も“桜満開”の活躍に大いに期待だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】話題沸騰中の“きつねダンス”がJに上陸!ファイターズガールがヨドコウで披露、セレッソガールも楽しく踊る!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!