スコティッシュ・プレミアシップが現地時間9月13日、セルティックの古橋亨梧を8月の月間最優秀選手に選出したことを発表した。

 27歳の日本代表FWは、8月の全試合で得点を記録。9−0で歴史的大勝を収めた28日のダンディー・ユナイテッド戦にいたっては、前半のみでハットトリックを達成してみせた。

 古橋は受賞にあたり、昨夏にセルティックへ加入して以来、初めて英語でインタビューに対応。流暢にこう伝えている。

「月間MVPを獲得できて嬉しいです。チームメイトがいつも良いパスをくれるので、僕はそれを決めるだけです。いつもサポーターが僕をサポートしてくれるので、ゴールのたびにエキサイティングな気持ちになります。試合でも練習でも全力を尽くし、もっとゴールを決めたいです。頑張ります」

 この一部始終を収めた映像はたちまち話題となり、現地メディア『67 HAIL HAIL』も敏感に反応。「キョウゴ・フルハシが順応性の高さを見せつけた」と好意的に報じている。
【動画】インタビュアーと全て英語でやり取り!古橋の語学力をチェック
「インタビューに対して、ネット上のサポーターからは素晴らしい反響があり、ピッチ上の素晴らしいパフォーマンスとともに、新しい言語を学ぶために特別な努力をする姿を喜ぶ声が多く寄せられている。セルティックでのキャリアを通じて、チームメイトやスタッフ、ファンとの関係はより強固なものとなるに違いない。

 もちろん、受賞も当然の結果だ。8月の4試合で6得点を挙げ、シーズンの幕開けを素晴らしいものにした。ギオルゴス・ギアクマキスも絶好調で、アンジェ・ポステコグルーは今、最高の攻撃的武器を手にしているのである」

 国内リーグで開幕から6連勝中のセルティックは、14日にチャンピオンズリーグのグループステージ第2節で、シャフタール・ドネツクとポーランドで対戦。古橋は怪我の影響で、前節のレアル・マドリー戦(0−3)では途中出場となったが、順調な回復を見せており、先発復帰が期待されている。欧州最高峰の舞台でも眩い輝きを放てるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!