[J1第22節]名古屋1−1川崎/9月15日/豊田スタジアム

【名古屋|採点】
スタメン)
GK
ランゲラック 6

DF
中谷進之介 6.5
藤井陽也 6.5
丸山祐市 6

MF
相馬勇紀 6.5
森下龍矢 6.5
稲垣 祥 7【MAN OF THE MATCH】
レオ・シルバ 6(HT OUT)
仙頭啓矢 6(73分OUT)
重廣卓也 6(HT OUT)

FW
永井謙佑 6(73分OUT)

途中出場)
MF
永木亮太 6.5(HT IN)
MF
内田宅哉 6(HT IN)
MF
甲田英將 6(73分IN)
FW
レオナルド 6(73分IN)

監督)
長谷川健太 6.5
 
【名古屋|寸評】
 試合を通してチームに安定感があり、特に守備から試合の流れをコントロールした。先制こそ許したが、反撃には勢いとダイナミックさがあり、逆転のチャンスも多数。勝てた試合を落とした感もあるが、しっかり闘いきった末の結果に手応えも強いか。

 相手のキーマンであるマルシーニョに対し、中谷を中心に右サイドの守備陣がほぼ完璧な対応を見せた。守備の時間が多かった前半で力を貯めた森下を走らせる格好で主導権を奪い返した後半は、藤井の正確なロングフィードや交代出場の永木の着実な仕事ぶりも目立ち、CKのこぼれ球を見事に蹴り込んだ稲垣のフィニッシュワークはまさに彼ならではの一撃。

 終盤には相馬らのチャンスメイクも光り、王者を追い詰めたが一歩及ばず。川崎の特徴をつかんで上手く対策を講じた長谷川監督を含め、チームの一体感はポジティブな印象を受けた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
[J1第22節]名古屋1−1川崎/9月15日/豊田スタジアム

【川崎|採点】
スタメン)
GK
チョン・ソンリョン 6

DF
山根視来 6
ジェジエウ 6.5
谷口彰悟 6
佐々木旭 6

MF
ジョアン・シミッチ 6
脇坂泰斗 6(78分OUT)
橘田健人 6.5(89分OUT)

FW
家長昭博 6
マルシーニョ 6(73分OUT)
知念 慶 6(73分OUT)

途中出場)
FW
遠野大弥 6(73分IN)
FW
小林 悠 6(73分IN)
FW
宮城 天 −(78分IN)
MF
瀬古 樹 −(89分IN)

監督)
鬼木 達 6
 
【川崎|寸評】
 落ち着いた攻撃の組み立てと安定した守備は普段通りだったが、連戦の疲労からか全体的な試合運びに緩急が不足した感。決定機を仕留めていれば勝利もあったが、その絶対数が少ないことが低調さの表われか。

 奮闘が目立ったのはやはりマルシーニョだったが、後ろ向きでポストプレーのように受けることが多く、そのスピードを生かす場面が少なかった。家長も変幻自在のポジショニングで名古屋を翻弄したが、攻撃のテンポが上がっていかないなかでは存在感もいまいち。

 先制点を挙げた橘田は前半に決定機を外しており、自らミスを取り返す働きぶりも、彼を含めた中盤に元気がなかったのは勝点“マイナス2”の遠因か。ジェジエウ、谷口の守備スキルは流石の一言で、それだけにSBの仕事量をもっと増やせていればという想いは残る。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

【J1第22節PHOTO】名古屋1−1川崎|稲垣祥が同点弾!橘田健人のJ1初ゴールで先制した川崎に名古屋が追いつきドロー決着

【ハイライト動画】橘田の先制弾、稲垣の同点弾。名古屋対川崎は1−1ドロー決着

【PHOTO】アメリカ・エクアドルとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!