現地時間9月15日、セリエAのローマは22-23シーズンで着用する新たなサードユニホームを発表した。

 昨シーズンは黄色をベースに赤と青の大胆なラインを斜めに引いたデザインだったが、新シーズンは黒を基調に変更。ビビッドピンクが入り混じったグラフィックを前面に採用し、袖には太いピンクのラインが入っている。クラブの公式HPの説明によれば、62年ぶりに白い文字で「ASR」エンブレムを採用し、現代と古き良きものの共存、そしてローマの象徴であるオオカミの群れのような激しいプレーへの姿勢、フットボールへの忠誠心を反映しているという。
【画像&動画】イエローから黒×ピンクへ! ローマが発表した新サードユニをチェック
 サプライヤーであるニューバランスとクラブの公式SNSでは、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、ブラジル出身ロジャール・イバニェスやイタリア代表ステファン・エル・シャーラウィ、ウズベキスタン代表エルドル・ショムロドフらが着用したショットを公開。

 ファンからは「超クール」「絶妙なバランス」「このロゴの復活を待ってた」「欲しい」「すごーく好き!」「とても美しい」「ロジャールかっこいい」「ディバラ似合うな」「信じられないほどに好きだ」といった声のほか、「このデザインは何の冗談だ」「黄色が良かった」といったコメントも見られた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】スタローンという名前入りのユニを手に笑顔! 貴重なレアショットをチェック

【画像】ディバラらが「TOYOTA」ロゴ入りのシャツを着用! 公開されたトレーニングウェアをチェック

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち