現地時間9月15日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダは、キプロスのオモニア・ニコシアとホームに迎え、2−1で勝利。歴史的白星を挙げたマンチェスター・ユナイテッド戦に続き2連勝を飾っている。

 この試合で決勝ゴールをアシストしたのが、61分から途中出場した久保だ。

 72分に同点とされて迎えた80分、右サイドから抜け出すと、ドリブルで持ち込み、利き足とは逆の右足で敵DFの股を抜く絶妙のパス。これをアレクサンダー・セルロトがゴールに流し込み、見事な勝ち越し弾となった。

【関連動画】「えぐい」「激アツ」と反響!利き足とは逆の右足で絶妙の“股抜きパス”!移籍後初アシストをマークする久保建英


 試合を配信したWOWOWの公式YouTubeが、ハイライト動画を公開すると、このアシストに次のような声が寄せられた。

「鳥肌立ったわ」
「ラストパス最高です!」
「相手が絶対届かなくて味方がギリギリ届く位置にパスするの上手いな」
「タケのアシストも見事だけど決めてくれる味方がいるのがデカい」
「右足でアシストは激アツ」
「しっかり股見てパスしてるのえぐ」
「タイミングずらして股下狙ってるし、打ちやすいパス出してる」
「久保えぐいてー!!!」
「なんであんな股抜きを逆足であんな冷静に出せるんだよ」

 敵守備陣を翻弄した、この21歳らしいプレーだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「魔法使い」「クレイジー」反響を呼んでいる“幻のダブルタッチアシスト”

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!