Jリーグは9月18日、J2第37節の9試合を各地で開催した。

 首位の新潟は水戸をホームに迎え、2−0の勝利。37分、星雄次の得点で先手を取る。52分にはセットプレーから谷口海斗が頭で合わせて追加点を奪取。その後も水戸の反撃を抑え込み、完封勝ち。3連勝を飾り首位の座を守った。

 横浜FCと甲府の対決は1−0で前者が勝利。両者とも攻め手を欠くなか、85分に小川航基が今季21ゴール目となる得点を挙げ、横浜FCがリードを得る。この1点を守り切った横浜FCが、4試合ぶりの白星を手にしている。
 
 大宮は栃木と対戦し、3−1の勝利。58分、新里亮が強烈なシュートを沈めて先制すると、62分と73分に中野誠也が2ゴールをマークし、3点差とする。終盤、栃木に1点を返されたがそれ以上の得点は許さず。大宮は直近3試合は2勝1分と好調をキープしている。

 金沢対大分は両者譲らず3−3のドロー。秋田対群馬は田中稔也の得点で後者が1−0で5試合ぶりの勝利を収めた。山口は佐藤謙介のゴールで琉球を1−0で下し、暫定14位へと浮上した。

 J2リーグ第37節の結果と今後の日程は以下の通り。

▼9月17日開催分
岡山 3−0 長崎(Cスタ)

▼9月18日開催分
仙台 1−1 徳島(ユアスタ)
秋田 0−1 群馬(ソユスタ)
山形 2−0 千葉(NDスタ)
町田 2−2 東京V(Gスタ)
横浜FC 1−0 甲府(ニッパツ)
新潟 2−0 水戸(デンカS)
金沢 3−3 大分(石川西部)
琉球 0−1 山口(タピスタ)
大宮 3−1 栃木(NACK)

▼9月20日開催分
熊本 19:00 岩手(えがおS)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!