現地時間9月18日に開催されたラ・リーガ第6節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがエスパニョールとホームで対戦した。

 3日前のヨーロッパリーグ(EL)オモニア・ニコシア戦で移籍後初アシストをマークした久保は、2トップの一角で公式戦2試合ぶりのスタメン出場。スペイン4年目にして、乾貴士(現・清水エスパルス)に続き、日本人2人目のラ・リーガ100試合出場を達成した。

 その久保がいきなり魅せる。スコアレスで迎えた17分、バックパスを受けた敵GKアルバロ・フェルナンデスに猛然とプレスを掛け、慌ててキックしようとした守護神より先にボールに触る。本人は足が直撃して倒れたものの、FWセルロトが無人のゴールへ叩き込んだ。日本代表MFは、これが2試合連続のアシストとなった。

 しかし、その2分後、CKからのサインプレーでエスポージトに見事にシュートを決められ、すぐに追いつかれる。

 迎えた29分、ショートカウンターからメリーノが持ち上がってラストパス。これを好調のメンデスがワントラップから丁寧に流し込み、勝ち越し点を奪う。

【動画】久保建英が猛プレス!執念の2試合連続アシストをチェック

 62分には久保の正確なCKにCBのエルストンドがヘッドで合わせるも、惜しくも枠を外れる。その6分後にも、パス交換から14番が左サイドを抉り、セルロトへグラウンダーのクロス。しかし、相手の決死のクリアに阻まれる。

 75分にも、久保のキープからチャンスを作り出し、最後はシルバが強烈なシュートを放つも枠を外れる。80分には久保が自らミドルを狙ったが、GKの正面を突いた。

 久保が83分でベンチに退いたソシエダは、このまま2−1で勝利。リーグ戦3勝目、ホームの初勝利を挙げている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「えぐい」「激アツ」と反響!利き足とは逆の右足で絶妙の“股抜きパス”!移籍後初アシストをマークする久保建英

【動画】「魔法使い」「クレイジー」反響を呼んでいる“幻のダブルタッチアシスト”

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!