現地時間9月18日に開催されたラ・リーガ第6節で、アトレティコ・マドリーが、レアル・マドリーをホームに迎えてのマドリード・ダービーが開催された。

 カラスコが際どいシュートを放つなど序盤はアトレティコペースとなるも、ここまで5連勝で首位のマドリーが最初のチャンスをモノにする。

 18分、ロドリゴがチュワメニとの大きなワンツーで抜け出し、浮き球のパスを右足でダイレクトボレー。先制ゴールを叩き出す。

 アトレティコは25分、スタメンに抜擢されたグリーズマンがミドルを狙うも、GKクルトワに阻まれる。

 すると36分、モドリッチのワンタッチパスを受けたヴィニシウスが左サイドから一気に持ち込んでシュート。これは左ポストに直撃するも、好調のバルベルデが詰めて追加点を奪う。

【動画】ロドリゴがチュアメニとのワンツーから圧巻ボレー!マドリーの先制点をチェック

 その後はなかなかチャンスを創り出せないアトレティコは、62分にデ・パウルとジョアン・フェリックスを下げてモラタとクーニャを投入する。

 迎えた83分、CKからDFエルモソが身体で押し込み、アトレティコが1点を返す。しかし、そのエルモソが後半アディショナルタイムに2枚目のイエローで退場。反撃もここまでだった。

 試合巧者ぶりを見せつけたマドリーが2−1で勝利。ライバルを下し、破竹の開幕6連勝(公式戦9連勝)を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ヴィニシウスが独走→絶好調バルベルデが決めた追加点

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!