またも国立競技場で鮮烈なゴールを挙げた。

 FC東京は9月18日、国立競技場にてJ1第30節で京都と対戦し、2−0の快勝。この試合のレアンドロの先制点に反響が集まっている。

 28分、左サイドを抜け出したバングーナガンデ佳史扶が横パスを供給すると、これをレアンドロがペナルティエリア手前左で受ける。ワントラップからすぐさま放った狙いすましたコントロールシュートが、ゴール右上隅に突き刺さり、先制点を決めた。
【動画】「国立男健在」左45度、レアンドロのスーぺルゴラッソでFC東京が先制!
 レアンドロは、国立競技場で行なわれた2021年1月のルヴァンカップ決勝・柏戦(2−1)、今年4月29日のJ1第10節・G大阪戦(2−0)でもゴールを決めており、聖地で3戦連発。京都戦を中継したDAZNが、公式ツイッターで得点シーンの動画を公開すると、チームを4試合ぶりの勝利に導いた一発にファンから称賛の声が上がっている。

「スーペルゴラッソキターー」
「上手すぎる!」
「こういうゴールめっちゃ好き」
「エグすぎる」
「魔法がかかった」
「これは芸術的」
「やっぱり国立男健在だったか」
「理不尽ゴラッソすぎる」
「絶対どのキーパーでも取れん」

 現在リーグ7位のFC東京は、ここからさらに勝利を重ね、上位争いに食らいついていけるか。次節は10月1日、アウェーで鹿島と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】雨の国立に集結したFC東京、京都サポーター

【J1第30節 PHOTO】FC東京 2-0 京都|レアンドロの豪快な一撃とアダイウトンの追加点でFC東京が勝利

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!