ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地は、今夏に移籍が噂された1人だ。しかし、契約期間1年という状態で残留し、今シーズンはここまで公式戦10試合で6ゴール・3アシストと絶好調。揺るぎないチームの柱として活躍を続けている。

 その鎌田について、現地紙『Frankfurter Allgemeine Zeitung』のヨーグ・ダニエルス記者は9月20日付けの記事で「彼はアイントラハトを離れようとしていた」と綴っている。

「夏に彼がクラブを離れることは、コーチであるオリバー・グラスナーとしては恐怖の1つだったに違いない。だが今、彼はクラブで最も目を引く選手であり、そして他のクラブにとっても、非常に興味深い存在となっている。

 26歳の彼はこの夏、ベンフィカへの移籍について合意していた。スポーツ・ディレクターのマルクス・クロシェも、この高貴なテクニシャンの移籍に前向きであったといわれる。彼とクラブの契約は2023年7月1日まで。現在の市場価値が2200万ユーロ(約30億8000万円)とされている鎌田の移籍には高額な移籍金が発生するはずだった」

 その移籍にストップをかけたのが、グラスナー監督だったという。
【動画】鎌田が1G1A! ブンデス日本人対決となったシュツットガルト対フランクフルト戦の全ゴールをチェック
「しかしグラスナーは、フランクフルトと鎌田を口説き落とすための、経済的に有利な取引には応じないよう、そして日本人選手の残留を強く主張した。そして彼は、鎌田と個人的に面談を行ない、チームの中心としてやっていくと説得したのだ。

 鎌田は契約が最終年であるため、残っても“飼い殺し”の危惧や、ベンチの常連になるのではないかという懸念もあった。だがそんなことにはならず、今の状態の彼に監督が信頼を寄せるのは当然だ。6番であれ、アタッキングハーフの一角であれ、ピッチで素晴らしい仕事をしている。そして、試合ごとに市場価値を高めているのだから。今後、彼を引き抜こうとする他クラブの動きは、さらに激しくなるかもしれない」

 ちなみに、鎌田とフランクフルトの契約は現時点で延長に達しておらず、結論が出ていない。しかし、ダニエルス記者は「クラブには力強い“味方”がいる」と綴っている。

「鎌田の同胞である長谷部誠は、『このまま続けて、アイントラハトとの契約を延長するといい』とチームメイトに薦めているのだ」

 果たして、鎌田の去就はどうなるのか。冬の移籍市場も含め、目が離せない状況が続きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「中田英寿を思い出す」「エレガント」と反響!鎌田大地の“倒れないドリブル”

【PHOTO】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!