Jリーグは9月21日、ルヴァンカップ準決勝第1戦の2試合を各地で開催。ヨドコウ桜スタジアムでは、セレッソ大阪対浦和レッズが行なわれ、1−1のドロー決着となった。

 開始直後の2分にC大阪が先制。奥埜博亮からの縦パスを敵陣中央で受けた上門知樹が、前を向いて思い切りよく右足を振り抜く。放たれた豪快なドライブシュートがゴール右上に突き刺さった。

 その後は、攻守が激しく入れ替わる攻防戦に。5分、右CKから浦和の松尾佑介が合わせたダイレクトボレーは枠を捉えられず。35分に味方のクロスのこぼれ球に反応したC大阪の松田陸のシュートは大きくゴールの上に外れた。

 前半の終盤には、浦和が猛攻を仕掛ける。しかし、再三得た好機をものにできず、ホームチームが1点をリードして前半を折り返した。
 
 後半も浦和が攻勢に出る。すると53分、明本考浩の左サイドからの折り返しに反応した伊藤敦樹が、ペナルティアーク内から左足でシュートを放つ。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球にいち早く詰めていた小泉佳穂がゴールに押し込み、貴重なアウェーゴールを奪う。

 浦和はその後も、勢いそのままに、ボールを保持して何度も相手ゴールに迫る。C大阪は相手の攻撃に対し、集中力を保って粘り強い守備で守り抜く。このまま最後までスコアボードは動かず、試合は痛み分けで決着した。

 第2戦の浦和対C大阪は25日、埼玉スタジアム2002で17時キックオフ予定だ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】開始早々に先制! セレッソ上門知樹のスーパードライブシュート弾!

【PHOTO】新トレーニングウェアで登場!久保、冨安、三笘ら日本代表がドイツで初練習を実施!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!