新たな挑戦をスタートさせた湘南育ちのボランチが、久々の代表活動に闘志を燃やしている。

 2024年のパリ五輪出場を目ざすU-21日本代表が、9月20日から欧州遠征をスタートさせた。22日にスイス、26日にイタリアと対戦する。スイス戦はスペインのマルベージャで開催。日本の練習場はドルトムントも使用するなど、環境は申し分ない。

 そうしたなかで、今夏に湘南からベルギー1部のコルトレイクに期限付き移籍した田中聡は、“欧州組”として初めてU-21代表の活動に参加している。

 大岩ジャパンでプレーするのは、優勝を果たした今年3月のドバイカップ以来。その時はサウジアラビアとの決勝戦で、負傷の影響により前半終了間際に退いて不完全燃焼に終わった。

 また6月のU-23アジアカップは招集外だった。メンバー発表直前の試合で脳震盪のアクシデントに見舞われ、その影響で選ばれなかった。

 今回の代表活動は、時差がない欧州内の移動とあって、アピールの場として無駄にはできない。本人もアジア杯を経験できなかった点も含め、代表への想いをこう話す。

「優勝できなかったけど、3位で終われてすごく充実した大会だったと思う。自分はそこに入れなかったのはすごく悔しいけど、今回呼んでもらえた。招集されたことに関しては自信を持ちつつ、アジアカップに自分は行っていないので、チャレンジャーとしてやっていきたい」

 今回招集されたボランチでは、藤田譲瑠チマ(横浜)と松岡大起(清水)がアジア杯に参戦しており、田中はこの2人以上に存在感を示して自身の立ち位置を確立するためにも、今回の代表活動が重要になるのは間違いない。

 ただ、田中自身も、最後に呼ばれた3月のドバイ杯から新たな経験を積んで、代表に戻ってきた。それは他のライバルたちにはない武器でもある。

 新天地のコルトレイクではレギュラーの座を掴んでいる。チームのサッカースタイルは、前からプレスに行く湘南や代表とは異なり、守備を固める傾向にある。「ダブルボランチもやりますし、3バックの時はアンカーもやっています。中盤は色んなポジションをやっているので、湘南の時と変わらないけど、ちょっとサッカーは違う」と語る田中は、チームでの経験を前向きに捉えている。

「サッカー的には違うので、慣れていかないといけない」
「違うサッカーを経験できるのは価値があるので、それを生かしていきたい」
 
 また、日本ではあまりない海外の考え方にも触れてきた。チームはリーグの下位に位置しており、選手個人はステップアップを見据えて戦うケースが多い。個人のアピールに走る選手も少なくないため、「バラバラなので自分勝手にやる選手がいる」と感じ、自身がどう振る舞うべきかを考えさせられたという。

 ただ、田中の考えはブレておらず、「まずはチームのために自分の力を出す。そうすれば、良い見られ方をするし、ステップアップもできる」と考えながらプレーしている。

 そうした海外での経験を取り込みながら、代表で真価を発揮できるか。

「より高いパフォーマンスを見せないといけない。そこはプレッシャーや責任感を感じながらやっていきたい」と話す田中が、22日のスイス戦、26日のイタリア戦でどのようなプレーを見せるのか注目だ。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!(1992-2022)

【PHOTO】重要なテストマッチ、アメリカ戦に向けてトレーニングを行った日本代表を特集!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!