元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(ロサンゼルスFC)が、厳しい立場に置かれているイングランド代表DFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)を気遣った。英メディア『SPORT BIBLE』が9月21日付けで伝えている。

 マグワイアは2019年にレスターから8000万ポンド(約120億円)もの移籍金で、名門ユナイテッドに加入。2020年からはキャプテンも務めているが、近頃は低調なパフォーマンスが続き、6位に沈んだ昨季は戦犯の1人に。今季は開幕2戦こそ先発に名を連ねたものの連敗を喫し、3戦目以降は控えに甘んじている。

 長年在籍したユベントスを退団し、今夏からMLSでプレーする38歳のレジェンドは、英紙『The Times』で、この9歳下の後輩に言及。擁護の姿勢を見せている。

「マグワイアの状況は悲しいよ。良い選手だからね。ユナイテッドは多くを要求しすぎる。8000万ポンドを払ったからといって、毎試合世界一じゃなきゃダメなのか? それは間違っている。市場の価値は、自分ではコントロールできない多くの側面に左右される。自分のせいではない」

 クラブレベルで苦戦するなか、マグワイアはネーションズリーグのイタリア戦とドイツ戦に向けた最新のイングランド代表メンバーに選出された。キエッリーニは「ワールドカップで勝ちたいなら、キープレーヤーに問題があっては無理だ。マグワイアはチームのキープレーヤーの1人で間違いない」と、警鐘も鳴らしている。
【動画】どうしたキエッリーニ…両手でボールを叩き落とす衝撃の珍プレー
「彼と(ジョン・)ストーンズは良いコンビだ。マグワイアはリオ・ファーディナンドではないかもしれないが、十分な実力を持っている。ただ、このような状況では、(イングランドが)ベストを尽くすのに役立たない」

 一方で、お気に入りの選手には、同じくイングランド代表DFのカイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)の名を挙げている。

「私はカイル・ウォーカーが大好きだ。信じられないほど良い選手だ。どうやったらあんなに速く、あんなに強くなれるんだろう。ジャガー相手に100メートルを走れるかもしれない。彼は素晴らしいよ」

 キャリアの危機に直面しているマグワイアは、カタール・ワールドカップに挑むイングランド代表で居場所を作れるか。そのためにはユナイテッドでのレギュラー再奪取が欠かせない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】新トレーニングウェアで登場!久保、冨安、三笘ら日本代表がドイツで初練習を実施!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!