高校時代から賢い選手だなという印象を受けていた。

 早稲田大で3年生ながらも、2024年シーズンからのジュビロ磐田内定を発表したMF植村洋斗。彼は前に出てくるタイミングが秀逸で、かつ強度を持って攻撃に関わることができる選手だが、その激しさとは裏腹に非常にクールだ。

 表情をあまり変えないで、全体の様子を見渡しながら、攻撃のスイッチを探し出し、見つかった瞬間にアグレッシブなプレーにスイッチを入れて、一気に仕留めにかかる。

 日大藤沢高時代、植村は動きながらボールに関わり続け、攻撃の中枢を担っていた。早稲田大に進学すると、プレーに緩急が加わった。

 アグレッシブな姿勢は持ち続けながらも、落ち着かせるべきところではボールをゆっくりキープしたり、テンポダウンを狙ったパスを出すなど、相手の流れを切るようなプレーが見られるようになった。そして磐田に内定が決まってからは、さらにこの緩急の付け方が絶妙なものとなっていた。
 
 9月17日の韓国大学選抜との日韓定期戦、20日の本田圭佑率いるU-23カンボジア代表との親善試合に臨む全日本大学選抜、U-23日本代表にも選出。韓国学生選抜戦(延長戦の末2−3)では熊澤和希(流通経済大、柏レイソル内定)とダブルボランチを組んでスタメン出場し、カンボジア戦(3−1)では途中出場した。

「大学選抜はみんなレベルが高いので、ここで僕が何ができるか、どういう違いを出せるのかを常に意識してやっています。自分の中で『違い』とは、ボールを持った時に相手を一枚剥がして、中盤からボールを運んでいく能力や、最後のパスのアイデア。そこはずっと大切にしている部分です」

 韓国に出発する前の合宿で植村はこう口にしていた。その際に彼は早々に磐田内定を決めた理由と、自身のプレーの緩急について語ってくれた。

「早めに決めた理由の一番は、純粋にジュビロでプレーしたいと思ったからです。それ以外ですと、僕もパリ五輪世代なので、そこ(パリ五輪)を目ざすとなった時に、早い段階でプロの世界で活躍することが重要だと思ったのもあり、決断しました」
 
 磐田の練習参加の際に目を引いたのが、百戦錬磨のMF遠藤保仁だった。日本代表として3度ワールドカップを経験している、同じボランチの大ベテランが見せるプレーの緩急に刺激を受けた。

「ヤットさんは遊び球を使って近くでつなぎながら、その間に一瞬で遠くを見て、一瞬で局面を変えるパスを出す。最初は『え、いつ見ているの?』と思いましたし、『え、そこを通すの?』というパスも多かった。本当に凄い技術レベルでした」

 驚きとともに、植村は注意深く遠藤の動きを見た。「周りを見ていて、ポジショニングもずっと細かく修正していて、ボールが来たら一瞬でオンに入る。敵が来ていたらすぐ叩くし、一瞬でもフリーだったら前を向くんです」。

 遠藤は、ピッチ上で浮遊しているように見えて、実は常にアンテナを張り、目まぐるしく変わる局面と試合の流れを誰よりも読み取る。だからこそボールが来る前に判断の礎ができ、正確な技術を駆使してスムーズに次のプレーに移行する。

 時には時間を止め、時には時間を一気に進める遠藤のプレーは、植村にとって参考となったのは言うまでもなかった。

「高校時代と比べて落ち着かせる能力は身についてきたとは思っていますが、あの落ち着かせ方は本当に凄いなと思います。ヤットさんをはじめ、いろんな選手から学んで吸収して、自分の長所を伸ばしていきたいです」
 
 相変わらずのクールな語り口調ながら、その言葉の裏には強烈な向上心と闘争心が常に宿っている。

「もっと成長して、相手をいなしながら、縦パスなどの相手を刺すパスを入れて、どんどんアタッキングエリアに入っていくボランチになりたいです。早稲田大では大学チャンピオンになるために、在学中にJリーグデビューするために、自分が何をすべきかを常に考えながらやっていきたいと思います」

 プレーの緩急の合間に見せるインテリジェンスと大胆さ。強力な武器を持った秀英ボランチの今後にぜひ注目してほしい。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【PHOTO】2023シーズンのJクラブ加入内定を決めた俊英たちをチェック!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!