元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホール氏が、揃って今夏に移籍したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスと、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを比較した。英紙『Mirror』が9月25日付けで伝えている。

 G・ジェズスは、マンチェスター・シティから、アーセナルに加入。すると、ストライカー不足に悩んでいたチームでフィニッシャーとしてはもちろん、チャンスメーカーとしても高い能力を発揮。悪夢の3連敗スタートを喫した昨季から一転、怒涛の開幕5連勝を飾る原動力となった。

 ただ、ドルトムントからG・ジェズスと入れ替わりでシティ入りしたハーランドは、数字上ではここまで背番号9の先代を上回る活躍を披露。プレミアリーグ史上最速となる、デビューからわずか6試合で二桁得点に到達すれば、チャンピオンズリーグでも2戦3発と、ここまで公式戦10試合で14ゴールを叩き込んでいる。
【動画】「なんてジャンプ力だ」「左足で打つかね」ハーランドが古巣ドルトムントを葬った衝撃の決勝弾
 しかし、現役時代は長年アストン・ビラで活躍したアグボンラホール氏は、英ラジオ局『talkSPORT』で「私にとっての最高の契約はガブリエウ・ジェズスだ」と断言。その理由をこう語っている。

「ハーランドは傑出しているが、シティはハーランドがいなくてもいつも上手くいっていたし、とんでもないゴールを決めていた。ガブリエウ・ジェズスはアーセナルを別物に変えてしまったんだ。彼らは今、ディフェンダーにプレッシャーをかける労を惜しまないストライカーを手に入れた」

 ノルウェーの怪物は、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏が持つ、プレミア歴代最多得点記録(260点)を抜き去る勢いでゴールを量産しているが、ビラのレジェンドは、インパクト面ではセレソン戦士が上と見ているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】イングランド、ブラジル、フランスも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【動画】守備が緩すぎ? ブラジル代表が1分13秒間、25本のパスを繋いで奪ったゴラッソ